遊び食べをしてしまう

わざと食べ物をぐちゃぐちゃにしてしまったり、食べ物を床にポイっと落としてみたりすることがあるでしょう。

ママはついつい怒りがちになってしまいますが、この遊び食べは、子供が食べ物に興味を持ち始めた証拠なのです。

ある程度、ママが我慢できる範囲までは見守ってあげる事も大切です。

この時に大切なのは、食べ物はおもちゃではないことを怒らずにしっかりと伝えましょう。

食事に集中することが出来ない

まずは食事をしている時の環境を見直してみましょう。

テレビはつけっぱなしになっていませんか??
おもちゃは出しっぱなしになっていませんか??

気が散るものが近くにあると食事よりも気になってしまい、そちらに集中してしまいがちです。
食事の前にはきちんとおもちゃなどをおかたずけをして、テレビを消してから食事を始めましょう。

また、テーブルとイスの高さは子供に合っていますか??

高すぎても低すぎても、ご飯が食べにくくなってしまいます。
食べる姿勢が崩れてしまうことで、集中力が崩れてしまうこともあります。

食べ物をぐちゃぐちゃにしてしまったり、投げたりしてしまう

食べ物で遊んでいたり、食事中に席を立ったりしてしまうことが続いてしまっている時には、「ご飯はあそぶものじゃないんだよ~」「ご飯を食べるときには座ろうね~」など声をかけてあげる事が大切です。

また、ご飯に集中できるように、かわいい食器を使ってみたり、盛り付けを工夫してみたりしてみることもオススメです。

遊びが続いてしまう場合には、ある程度食べていれば食事を終わりにしてしまってもいいでしょう。

食事と遊びのけじめがうまくつける事が出来ない

遊んでいる気分のまま食事の時間になってしまうとどうしても、遊びたい気持の方が勝ってしまい、食事の時間になっても遊んでしまいがちです。

子供の気持ちを食事に切り替える為に、また楽しい食事の時間を迎える為に、食事を始めるまでの流れを毎回の決まりごとにしていくといいです。

食事を始める前には、おもちゃのおかたずけ→手を洗う→食事エプロンをつける→食事の準備→いただきます!!

このように、ご飯を食べる前には毎回行うことで、子供もご飯の時間だと分かるようになってきて、気持ちも切り替えられるようにだんだんとなってくるでしょう。

このページの先頭へ