うまく噛むことが出来ない、噛まずに丸飲みしてしまう

うまく噛むことが出来ない原因には、食べる物が固すぎてうまく噛めないこともあります。

丸飲みしてしまう場合には、食べ物が柔らかすぎて噛む必要がない為に、丸飲みしてしまっていることも考えられます。

子供の歯の生え具合や、食べ物をモグモグする様子をよく観察して、子供に合わせた調理方法にすることが大切です。

うまく噛むことが出来ないと、食べた物をべーっと出してしまうことがあります。

食べた物をベーっと出してしまうのは、味や食感が嫌な場合もありますが、食材の固さがあっていない場合にも、うまく噛むことが出来ずにべーっと出してしまうことがあります。

ベーっと出してしまうことが続いたときには、まず食材の固さや大きさを見直してみましょう。
今まで食べていたものよりも、小さめサイズにしてみたり加熱時間を増やして柔らかめにして、簡単に噛めるように食べさせてみましょう。

何度か試してみて、それでも出してしまうようだと、もしかしたらその食材が嫌いな事もあります。
あまり無理に食べさせてしまうと、食べる事が自体が嫌いになってしまう事もあります。
しばらくその食材はお休みして、食べられる物を食べるようにしましょう。

食べ物を口に入れて噛まずに丸飲みしてしまう

子供の食べている様子を見ていると、あまりモグモグと噛まないで、そのまま飲みこんでしまっている子も中にはいます。

丸飲みしてしまっている子には、今まで食べていた物よりも大きめに切ってあげたり、少し固さを残して調理する必要があります。

また、まる飲みしてしまう子は食べるスピードが早い為、ついつい食べ過ぎてしまう子が多いので、気をつけましょう。

カミカミ、モグモグの練習にオススメのメニュー

カミカミ、モグモグの練習には、「野菜スティック」がオススメです。

■材料
大根3cm、にんじん5cm、ブロッコリー2房

■作り方
1.大根、にんじんはそれぞれ棒状に切ります。

2.鍋に水を入れて中火で柔らかくなるまで10分ほど煮ます。

3.ブロッコリーは1~2分塩ゆでします。

※あまり柔らかくなり過ぎないように注意しましょう。

※子供が食べずに嫌がる時には、マヨネーズを少しだけつけてあげてみて下さい。

このページの先頭へ