ばっかり食べをしてしまう子供の為の解決調理方法

食材の切り方や形を変える方法の他にも、調理法を変えてみたり、調味料などを使い味をを少しだけ変えて、子供の好きな味に変える事もできます。

だしを利用して薄味でも薄味でもおいしく!

だしがしっかり効いていると、調味料をあまりたくさん使わなくてもおいしく食べる事が出来ます。
おみそ汁や炊き込みご飯などに、上手くだしを利用してみて下さい。

ひき肉や葉物野菜など少しパサパサしがちな物は、あんを絡めてあんかけに

あんかけにすると、のどごしもよくなるので、食べやすくなることがあります。

ケチャップやマヨネーズ、ソースなどを使い子供が好きな味にしてあげましょう

子供はケチャップ、マヨネーズ、ソースなどの味がなぜだかとっても大好きなのです。

あまり多くかけ過ぎてしまうと食材の味が消えてしまうので、使う量には気をつけましょう。

においの強い野菜はよく加熱しましょう

ピーマンは生のままだと香りがきつく感じますが、ゆでたり炒めたりすることで香りを和らげることが出来るので、子供も食べやすくなるでしょう。

玉ねぎは火を通すととても甘くなり、子供も食べやすくなります。
みそ汁や煮物などにオススメですよ。

野菜を巻いて調理してみましょう

薄切り肉はただ細かくして焼くだけのものより、肉で野菜を巻いて調理してみましょう。

手づかみでも食べられるようになりますし、フォークでも食べる事が出来るので、もしかしたら子供が進んで食べるようになるかもしれませんね。

マヨネーズを使い食材をしっとりさせてみましょう

白身魚やお肉など火を通し過ぎてしまうと、パサパサになってしまうものは、マヨネーズを食材に薄く塗ってから焼いてみて下さい。

うまみも逃がさずに、しっとりとおいしく焼き上げる事ができます。

このページの先頭へ