1~3歳児までの外食について

食べさせるものは、出来れば手作りの物で薄味の物がいいのですが、出かけ先などで、外食をしたり、市販品の物を買って食べる事も増えてくるかと思います。
たまにの外食程度ならば、ママも子供もいい気分転換になると思います。

ファーストフード店では・・・

塩分、脂肪分が多いメニューが目立ちます。

ハンバーガー類はカロリーが高い為、食べさせてま大丈夫ですが、その他の食事の時にうまく調節するようにしましょう。

フライドポテトは油分、塩分を多く使っている為、量は控えめにするようにしましょう。
1歳代前半の頃は、まだ消化機能も発達していない為、控えておきましょう。
頼めば塩抜きにしてくれるお店もあるので、聞いてみるといいです。

シェイクは、1歳代の子は生クリームが入っているのでまだ与えません。
2歳代からは、量を加減して少量ずつ与えましょう。

ファミリーレストランでは・・・

多くのお店が、お子様用の椅子やお子様メニューなども用意してあったりするので、家族で外食するにはぴったりの場所ですね。

大人用の物を取り分ける時には、ご飯系の物を選ぶのがオススメです。

また、大人用の物を取り分ける時には味が濃いものもあるので、味を薄めたり、かかっているソースなどを取り除いてから与えましょう。

コンビニ

どこにでもあり、とても便利ですよね。
食べ物を選ぶ時には、食品表示をよく見てから選ぶようしましょう。

お弁当を食べる時には、出来るだけお魚が入っているものなど、比較的さっぱりした物を選ぶといいでしょう。

肉まんは1歳代から食べる事が出来ます。
ただし、熱いので注意しましょう。

うどん、そば店

子供が好きなメニュー、食べられるメニューが比較的多いです。
しかし、そばはアレルギーが心配なので、出来れば3歳くらいまでは与えないようにします。

このページの先頭へ