朝ごはんのこと

朝ごはんを食べる事は、とても大切なことなのです。

朝ごはんを食べる事で体にエネルギーがしっかりと補給されて、体温が上がり体と脳を目覚めさせるので、子供が元気に過ごせる為のとても大切な役割が朝ごはんにはあります。

また、朝ごはんを毎日決まった時間に食べることを習慣にすることで、午前中は元気に遊んだ後に昼食を食べて、お昼寝、おやつ、遊び、夕食と子供の体内リズムもしっかりと整える事が出来るので、早寝早起きの健康的な生活リズムを身につけやすくなります。

朝ごはんの献立は、どんな物がいいのでしょう。
理想の朝ごはんは、主食+主菜+副菜をバランスよく取れた献立にすることです。

ご飯、焼き鮭、シラスのいり卵、麩の味噌汁(大人2人+子供1人分の量)

■材料
「ご飯」450~500g
「焼き鮭」3切
「シラスのいり卵」卵3個、シラス大さじ2、サラダ油大さじ1
「麩の味噌汁」麩5~6個、ほうれん草1束、玉ねぎ半分、だし汁3カップ、みそ大さじ1強

■作り方
「シラスのいり卵」

1.器に卵を割りいれシラスも入れて白身をしっかりと切るように混ぜ合わせます。
  フライパンにサラダ油を敷いて弱火で温めます。

2.フライパンが温まったら卵を1/3程度フライパンに流しいれゆっくりと火を通しながら巻いていきます。

3.残りの卵でこれを2回繰り返せば出来上がりです。

4.食べやすい大きさに切ってお皿にのせます。
  大人の物には醤油をかけて食べるとよりおいしく食べる事が出来ます。

■「麩の味噌汁」
1.ほうれん草は1cmほどに切ります。

2.玉ねぎは薄切りにします。

3.鍋にだし汁と玉ねぎ、ほうれん草を入れて火にかけます。

4.野菜に火が通ったら麩を入れ、みそを溶かし入れたら出来上がりです。

トースト、野菜スープ、たらのソテー(大人2人+子供1人分の量)

■材料
「トースト」4~6枚
「野菜スープ」キャベツ1枚、玉ねぎ半分、ベーコン1枚、水3カップ
「たらのソテー」生たら3切、マヨネーズ大さじ2

■作り方
「トースト」
1.オーブントースターで軽く焼き目がつくまで焼きます。

■「野菜スープ」
1.キャベツベーコンは千切りにし、玉ねぎは薄切りにします。

2.鍋に水を入れてキャベツ、玉ねぎ、ベーコンを入れて中火で10~15分程度、柔らかくなるまで煮込みます。

3.塩で味を整えましょう。
  大人用の物は胡椒をプラスしてみてもいいですよ。

■「たらのソテー」
1.たらは一口サイズに切り、マヨネーズを塗り、フライパンでカリッとするまでしっかり通せば出来上がりです。

このページの先頭へ